【数量限定】 神護一社(木曽ひのき製)No.631 デザイナーズ神棚-神棚...




川上元美

川上元美 Motomi Kawakami|Designer

1966年 東京藝術大学大学院終了後、アンジェロ・マンジャロッティ建築事務所(ミラノ)勤務を経て、1971年カワカミデザインルーム設立。 クラフト、プロダクト、家具、空間、環境デザインなど幅広い領域でデザイン活動を行っている。 毎日デザイン賞、Gマーク金賞等受賞多数

〓 商 品 仕 様 〓
材 質
木曽ひのき
寸 法
幅:235×高さ:342×奥行:100(mm)
備 考
※ご神木の里で知られる岐阜県中津川市付知産の木曽ひのきを使用した最高級品です。
※写真のお札は付属致しません。


第62回式年遷宮の御神木奉送祭

伊勢神宮と木曽ひのき


伊勢神宮は、三重県伊勢市にある皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)を総称して指します。内宮(ないくう)は皇祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀り、三種の神器の一つ八咫鏡(やたのかがみ)を御神体とします。外宮(げくう)の御祭神は農業などを司る豊受大神(とようけのおおかみ)です。神殿は白木造りで、20年ごとに遷宮を伴う改築が行われます。
この遷宮が行われるようになったのは千三百年以上も前からで、今日まで引き継がれています。平成17年からは第62回式年遷宮の各行事が行われ、同25年(2013年)には正遷宮(神体の渡御)が行われました。
上の写真は、第62回式年遷宮の御神木奉送祭の様子です。遷宮に使用される御用材は木曽山系に生育する木曽ひのきや東濃ひのきが御神木として奉納されています。

三ツ紐伐り

左の写真は、三ツ紐伐り(みつひもぎり)による伝統的な御神木の伐採風景です。
木曽山系の冬は寒さが厳しいため成長が遅く、木曽ひのきや東濃ひのきの天然木は樹齢300年以上にもなります。このため、緻密で耐久性に優れた品質となり、これが高級ひのきと言われる所以です。



◇国際配送対象商品(海外配送) 詳細

◇国際配送サービスに関する注記
[Notes for Rakuten International Shipping Services]

連載

【数量限定】 神護一社(木曽ひのき製)No.631 デザイナーズ神棚-神棚

【合わせ買い対象】OUTLET【最終価格】イタリア "SPACE STYLECONCEPT"バイヤーIKUKOお薦め!フラワーレースが綺麗なニット ブルゾン サイズS 【モヘア混】【当初価格税抜58056円】

【数量限定】 神護一社(木曽ひのき製)No.631 デザイナーズ神棚-神棚

by.Sで記事を書いてみませんか?